スポンサーリンク

ナンパ師もスカウトマンも『一日100人声かけ』が成功の目安!

ナンパ師もスカウトマンも100声かけすべき

ナンパにしろスカウトにしろ、成果を出すために絶対必要なこと。

ズバリそれは、『声かけ数』です。

あなたは、ナンパ100人斬りや月収100万稼ぐスカウトマンと聞くと、雲の上の人だと思うかもしれません。

まるで手の届かない存在で、超人的な実力を持った人みたいな…。

もちろん中には女の子を巧みに落とす天才もいます。(ごく稀ですが)

ところが、筆者のこれまで見てきた『凄腕』のほとんどは、『声かけ数がズバ抜けて多い人』でした。

実際に成果を出してる人を観察すれば分かりますが、彼らは常にハイペースで声かけしています。

おそらく凄腕と一緒にいても、姿を見失うことが多いのではないでしょうか。

彼らは魔法の言葉やテクニックを使ったのではなく、ただ泥臭く声をかけていたのが、事実として分かったのです。

もちろんスカウトでもナンパでも、成果を出してる人は、女の子との駆け引きがうまいのはあります。

しかしそれはただ単に、声かけ数を増やしたことによって得られた能力に過ぎません。

初心者はついつい、成果を出してる姿を見て、自分には無理だと思いがちですが、全くそんなことはないですよ。

彼らもあなたと同じ人間です。

頻繁に凄腕がガンシカされてる姿を見かけますし、それでも声かけし続けてるのが分かります。

成功の最低目安は『一日100声かけ』すること!

あなたは100声かけと聞いて、『大変そう』と思うかもしれません。ですが実際やれば、あっという間です笑。

声かけに1人1分掛かるとすれば、100人でトータル1時間40分。

むしろ4時間路上に立つなら、100人声かけしないと少ないレベルですね。

ぜひ初心者はストップウォッチを買って、100人まであとどれくらい声かけするのか…という目安を立ててください。

100人声かけした後は『質』を高める

ただ100人声かけしただけでは、女の子を引っかけづらいです。

たまたま運良くヒットしたとしても、コンスタントに成果を出し続けるのは難しいでしょう。

そのため、声かけが出来るようになったら、次のステップに写ります。

質と成果は比例する

質とは以下の4つのこと。

・ファッション
・清潔感
・トーク力
・紹介店舗の知識(スカウトマン限定)

「自分は服がダサいかな」と思ったら、ファッションを変えてみる。

トーク力が足りないと感じたら、声かけと並行して、営業トーク本でも読んでみるなど。

こうして全体の質を高めてくことで、今まで100声かけ1番げだったのが、3番げになるといった感じで、少しずつ成果が見えてきます。

元々、戦闘値0の人間がいきなり『100』になることは不可能です。

コツコツと経験・知識を積み上げ、長いスパンを掛けて改善して行きましょう。

スポンサーリンク

【期間限定】東京スカウトのメンバーを募集中!

現在、路上スカウトマンを募集中です。
当社は月100万以上稼ぐ本物のスカウトマンを育てています。
月100万円稼ぐまでは社長自ら『マンツーマン』で完全サポートをお約束。
当社は日本一稼ぎやすいスカウト会社です。
スカウトをやっても10人中9人は挫折する時代。
そんな中、ただやみくもにスカウトしても絶対に稼げるようにはなりません。
スカウトをやって確実に稼ぎたい方は以下の当社求人詳細をご覧下さい!

【東京エリア】路上スカウトマンの求人募集!

2017.11.13